入社面接で会社側が求めているのはどんな人かを見極める

先日、会社の同僚と会社の入社面接の話になりました。

会社の入社面接ってそれぞれの会社に特徴があるけれど、私の会社はなぜかうさぎとカメの話が出てきて、自分だったらどっちになりたいかと聞かれました。

この答、かなり難しいですよね。

そんな時、会社がどんな人を求めているかを考えて自分の答えをだすか、実際に自分が思っていることをストレートに話すかが難しいのです。

私の場合は、一か八か自分の考えを素直に話しました。

でも、いっしょに面接を受けていて、明らかに会社が求めている模範解答なんだろうなぁっていう
すばらしい答えの方もいました。

これを聞いて、私は不合格だなぁって思ったんです。

ところが、私が合格、彼女は不合格でした。

あとで、人事の人のお話を聞くと、会社に何を求められているかを的確に判断することも大切だけれど、今後の自分の成長を考える上では自分の考えをストレートに話せて、間違っていることは指摘されてもいいと思う素直さが必要だと会社は考えていたそうです。

始めに自分の考えをかくして、会社にあわせるような人はどこまで我慢できるかわからないとも話していました。

会社によってそれぞれ考えは違うと思いますが、こんな人事の人のお話もなるほどなと納得できました。

もちろん会社が求めている模範解答をする子が欲しいと思っている会社だってありますよね。

だから、面接はとっても難しいんだと思います。

つまりはその会社との相性がいいかどうかをチェックされているってことですからね。

勤怠管理
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

«
»