ゆとり世代ど真ん中

まず、わたしは、カフェのホールでアルバイトをしていて、そこのキッチンのおじさんが、とにかく口うるさいのです。
事あるごとに「ゆとり、ゆとり」

ゆとりにしたのは、私たちじゃないのに、自分のやり方と違うだけで「だからゆとりは」「こんなこともわからないのか、ゆとりは」「燃えるごみは木曜日だろ、ゆとりの子ってゴミも捨てたことないの?」などと、ノンストップで責められます。

挙句の果てには「親もとんでもない馬鹿親なんだろうな」まで。
そういうところは本当に許せないです。
私の親は片親で一生懸命働いてご飯食べさせてくれてたので、間違っても、馬鹿親ではないです。
ゆとり関係ありません。
ゆとりを育てたのは、あなたたちです。

社会に出るのがつらいです。
怖いです。
昔といっても3,4年前はバリバリに働いてました。
スポーツジムでの接客業だったのですが、大好きな仕事でした。
しかし、少しずつ、電車に乗れなくなり、上司の前で働けなくなり、動けなくなり、眠れない日々が続き、ご飯の味も同じ、食欲は低下する一方。
大好きだったこと、大好きだった仕事を少しずつ嫌いになって、嫌いになるというよりは、できなくなっていくのが、なにより、つらかったです。
苦しかったです。

上司や同僚になかなか言えないのも、親に言えなかったのも苦しかったです。
どうやって、助けを求めたらいいのか、わかりませんでした。
でも、毎日毎日着実に仕事が苦しくなるのです。
仕事が原因で生きるのが辛くなるのです。

勤怠管理
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

«
»