redundancy

職場の環境と職種を変えたかったため

風通しの良い職場を希望していたため、面接の方の人柄や、会社の評判を良くチェックしました。また、面接で実際に会社へ行った時には雰囲気などを観察しました。

やりたいことをやるため

本当に自分がやりたいことができる会社かどうか仕事内容を判断して決めました。また、給与面も今まで働いていた会社と同じかそれ以上を出してくれる会社を吟味しました。

今の仕事内容が嫌だったため

手に職をつけられるような、専門的な知識や技術が身につけられるような仕事内容を選ぶこと。また、以前は休憩時間が長く、そのため拘束時間が長かったので、17時定時であがれるようなところ。

事務職でスキルアップする為

従業員数、会社規模、設立してから何年経ったか、給料、残業の有無。 少しでもいいなって思ったら実際に会社を見て建物もどんな感じなのか調べた。

労働環境の改善のため

会社の労働環境(低賃金長時間拘束、上司によるセクハラなど)に不満があり、転職をしました。仕事自体は好きだったので、同業種で条件の良いところを選択しました。